Chef

シェフ

宮川健一

ようこそ幸福な余韻に満ちた豊かな「食」の世界へ

食材の“瞬”を捉える
宮川健一の世界

食材が最もフレッシュな輝きを見せる“旬”の中からさらに
味覚・食感の頂点とも言うべき“瞬”を捉え、
その魅力を最大限に引き出し恍惚たる魅惑の料理が生み出す宮川健一。
豊かな季節が育んだ素材本来の魅力と、
シェフ宮川の自由闊達なクリエイティビティがa(アー)の料理を支えています。

気候・季節・土壌・生産者へのこだわり

食材の持つ「力」へのこだわり。それはまた食材を生み出す土壌や気候、自然環境へのこだわりでもあります。
当店では、総料理長・宮川健一があらゆる食材について、産地や生産者、流通業者を訪ね歩くなどして精査・厳選。
最高のクオリティを持つ食材の、最良の活かし方を見極めています。

四季折々の季節と気候、良質の土壌と水、そして生産者の丹精が生み出した最良の食材だけを厳選、その食材が持つ味覚・食感・鮮度の頂点ともいうべき“瞬間”を総料理長・宮川健一が独自の感性と熟練の技で恍惚たるイタリアンへと昇華します。人が身体中で美味しいと感じ、深い余韻と満足感に包まれる豊かな「食」の世界ががここから始まります。

Profile

プロフィール

宮川健一

Kenichi Miyagawa

神奈川県生まれ。服部栄養専門学校卒業後、1988年1号店である南青山「KIHACHI」入社。
北青山「SELAN」、キハチ相模大野伊勢丹」など各店で立ち上げに携わり名シェフ熊谷喜八氏の下で 研鑽を積む。
1998年、29才で「キハチ相模大野伊勢丹」の料理長シェフに抜擢され、翌年、「キハチイタリアン 横浜クィーズイースト」の立ち上げシェフとなる。その後、KIHACHI本店料理長を務め、2011年5月末退社。
同年9月には、「リストランテ ケン ヴェンティクワトロ」を立ち上げ、総料理長に就任し、2016年3月末に移転、店名も新たに「aアー」でも総料理長を務める。