6月21日(水)より、新メニュー 二十四節気 (夏至、小暑)をご用意しております。

【げし】

年で、昼間が最も長く、夜が最も短い日。

冬至と比較すると、昼間の時間差は4時間以上もあります。暦の上では夏季の真ん中にあたりますが、実際には梅雨の真っ盛りで、農家では田植えに繁忙を極める頃。暑さのピークは1カ月ほど先になります。

二十四節気と共に四季折々の季節と気候、良質の土壌と水、そして生産者の丹精が生み出した最良の食材だけを厳選、その食材が持つ味覚・食感・鮮度の頂点ともいうべき“瞬間”を総料理長・宮川健一が独自の感性と熟練の技で恍惚たるイタリアンへと昇華します。

 

魅力の空間 aアー

皆様のご来店スタッフ一同お待ちしております。

 

 

<写真>

巨峰の“コンポスタ”グリオットグラニータ、ピスタチオクリームのコンビナーレ