二十四節気メニュー (春分)をご用意しております。

【春分】 しゅんぶん:3月21日頃

日、天の 中を行きて、昼夜ひるよる 等分とうぶんの時なり[暦便覧]

3月21日頃

この日、真東から昇った太陽は真西に沈み、昼と夜の時間がほぼ等しくなります。北半球ではこの日を境に、次第に昼が長く、夜が短くなります。この日をはさんだ前後7日間が「春の彼岸」です。
 「暑さ寒さも彼岸まで」と言われ、この日を境に寒さも峠を越して温和な季候となるとされます。「彼岸」は、「現世を離れ極楽浄土の岸に到る」という意味の仏教の言葉で、墓前に花や線香を手向け先祖を供養する姿が見られます。